ホーム メッシーナ:その歴史

メッシーナ:その歴史

によって LoWeb庁

メッシーナ市の歴史

メッシーナミシーナ シチリアの)は234,570人の住民のイタリアの町です シシリーの同名の大都市の首都であり、13番目のイタリアの自治体とイタリアで最も人口の多い地域の3番目の非首都です。

それはシシリーの最北東端(カポペロロ)の近くに上昇します 厳格 その名を冠した。 その港、大陸へのフェリーの港は、輸送中の乗客数でイタリアで最初であり、クルーズ交通で10番目です。

Messina prima del terremoto del 1908

メッシーナ

の名前で設立された最初のシチリアギリシャの植民地 ザンクル その後、 メッサナ、メッシーナは、シチリアの首都の役割を求めてパレルモと競争したとき、中世後期から17世紀半ばにかけてその偉大さの頂点に達しました。

支配階級の全滅をもたらした歴史的な反スペインの反乱の後、1678年に発砲し、剣を振るった。1783年の地震により、深刻な被害を受けた。1848年のシチリア革命の際、ブルボンのフェルディナンド2世に対して、深刻な被害を受けた。ダメージ。 1908年に壊滅的な地震が都市をほぼ完全に破壊し、人口の約半分が死亡した。

1912年から再建された近代都市は、南北に広くまっすぐな通りが走る整然とした規則的なグリッドを備えています。

重要かつ歴史的 s大学エデ(地元 StudiorumUniversitas それはSant'IgnaziodiLoyolaによって1548年に設立されました。

メッシーナ もともとは、紀元前757年(シチリアで最初のギリシャの植民地)に開拓者とカルシディアンによって設立されました。ザンクル(ギリシャのΖὰγκληςから、「シックル」を意味するシチリアの用語を使用しています。 、サイスのように見えます)。 紀元前491年頃、レッジョのアナシラオがミレシイ、サミイ、ゲラのヒポクラテスの軍隊に対して征服し、とりわけメセニアの要素を再配置したときに、メセネの名前が付けられました。 ローマ人は紀元前264年にそれを征服し、紀元前241年にそれをメッサナと改名しました。最初のプニック戦争での勝利の後、そ​​して西ローマ帝国の崩壊後、それを征服したアラブ人から、それをメッシーナと改名したビザンチンを最初に所有しました。 '843AD。 1061年、ルジェロ・ダルタヴィラの助けを借りて、ノルマン人に征服されました。.

スワビアン-アンジェビン-アラゴンの支配下で、メッシーナは大きな繁栄を遂げ、パレルモと共にシチリア王国の首都になりました。 港が栄えているこの街は、ハンザティックリーグとも関係がありました。

1674年にそれはスペインに反抗し、都市に続く弾圧で上院を含むあらゆる形態の自治権を失った。 1783年に深刻な地震に見舞われました。1860年にサウザンドガリバルディーナが遠征した後、イタリア王国の一部となりました。

Logo del Comune di Messina

1908年の地震


1908年にそれは別の恐ろしい地震と第二次世界大戦の爆撃の破壊に苦しんだ。 街とロシア人の友情の重要なページは、悲劇的なもの、1908年の地震に関連しています。メッシーナに到着した最初の救助者は、演習のためにオーガスタの港にいたロシア帝国艦隊の船員でした。 ザ・ メッシーナ地震 これは、20世紀で最も壊滅的な出来事の1つと見なされています。

1908年12月28日の05:21に発生し、37秒の「非常に長い」秒でメッシーナの都市に深刻な被害を与えました。 に メッシーナ, maggiormente sinistrata, rimasero sotto le macerie ricchi e poveri, autorità civili e militari. Nella nuvola di polvere che oscurò il cielo, sotto una pioggia torrenziale ed al buio, i sopravvissuti inebetiti dalla sventura e semivestiti non riuscirono a realizzare immediatamente l’accaduto. Alcuni si diressero verso il mare, altri rimasero nei pressi delle loro abitazioni nel generoso tentativo di portare soccorso a familiari ed amici. Qui furono colti dalle esplosioni e dagli incendi causati dal gas che si sprigionò dalle tubature interrotte. Tra voragini e montagne di macerie gli incendi si estesero, andarono in fiamme case, edifici e palazzi ubicati nella zona di via Cavour, via Cardines, via della Riviera, corso dei Mille, via Monastero Sant’Agostino. Ai danni provocati dalle scosse sismiche ed a quello degli incendi si aggiunsero quelli cagionati dal maremoto, di impressionante violenza, che si riversò sulle zone costiere di tutto lo Stretto di Messina con ondate devastanti stimate, a seconda delle località della costa orientale della Sicilia, da 6 m a 12 m di altezza. Lo tsunami in questo caso provocò molte vittime, fra i sopravvissuti che si erano ammassati sulla riva del mare, alla ricerca di un’ingannevole protezione. Improvvisamente le acque si ritirarono e dopo pochi minuti almeno tre grandi ondate aggiunsero al già tragico evento altra distruzione e morte. Onde gigantesche raggiunsero il litorale spazzando e schiantando quanto esistente. Nel suo ritirarsi la marea risucchiò barche, cadaveri e feriti. Molte persone, uscite incolumi da crolli ed incendi, trascinate al largo affogarono miseramente. Alcune navi alla fonda furono danneggiate, altre riuscirono a mantenere gli ormeggi entrando in collisione l’una con l’altra ma subendo danni limitati. Il villaggio del Faro a pochi chilometri da Messina andò quasi integralmente distrutto. La furia delle onde spazzò via le case situate nelle vicinanze della spiaggia anche in altre zone. Le località più duramente colpite furono Pellaro, Lazzaro e Gallico sulle coste calabresi; Briga e Paradiso, Sant’Alessio e le altre località fino a Riposto sulle coste siciliane. Gravissimo fu il numero delle vittime: Messina, che all’epoca contava circa 140.000 abitanti, ne perse circa 70.000.

Il terremoto di Messina del 1908

メッシーナは、世界で最も重要な港の1つでした。 ジュゼッペ・ナトリ大臣は、メッシーナの副官として新しく設立されたシチリア議会に選出されるとすぐに、メッシーナを過去の栄光に戻しました。 提案は満場一致で承認されました(Gran MirciポータルのMessinaの歴史から)。